洋画

タ-ザン- ジョニ-・ワイズミュラ- カムバック

ジョニー・ワイズミュラー 1904年6月2日 ~ 1984年1月20日は、
オーストリア・ハンガリー出身のアメリカで活躍した水泳選手で
俳優である。

ヨーハン・ペーター・ヴァイスミュラーとして現在のルーマニアの
ティミショアラの近くでドイツ系の家庭で生まれ、

彼が7ヶ月の時に一家でアメリカに移住して、ペンシルベニア州や
シカゴで育った。

からだが弱かったため、お医者さんに勧められて水泳を初めたが、
12才の時にYMCAの水泳チームに参加するようになる。

1922年にデューク・カハナモクが持っていた100m自由形の世界記録を
更新して、1924年のオリンピックでは100m自由形、400m自由形、
自由形リレーの3つで金メダルを獲得、

水球で銅メダルを獲得、1928年のアムステルダムオリンピックでは
100m自由形、自由形リレーの2つで金メダルを獲得した。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーと7年契約を結んで俳優としての
キャリアが本格的にスタ-トした。

1932年「類猿人ターザン」でターザン役を演じて世界的に注目を集めた、
ターザンの原作者エドガー・ライス・バローズも大層喜んだという。

ジョニ-・ワイズミュラーはモーリン・オサリヴァンをジェーン役として
6本のターザン映画に出演した、3作ではジョニー・シェフィールドが子役
として共演し、
1942年にはRKOに移籍して、さらに6本のターザン映画に出演した。

12本のターザン映画でワイズミュラーは200万ドルを稼いだといわれ、
ターザン役者としては、最も有名な俳優である。

我々の子供時代の憧れ、最高のタ-ザンだった、
少し年長になってからは、
レックス・パーカーのターザンに酔いしれたものである。

「アアァア~・・・アアァア~・・・ !!」 

戦後、日本の子供や少年たちを熱狂させた最大のヒ-ロ-だった。
日本のテレビ界にウルトラマンが出現するずっと前のヒ-ロ-である。

娯楽のなかった戦後
マッカ-サ-とともに、否それ以上熱狂させたヒ-ロ-。
日本版のターザン映画も創られて少年、子供達は熱狂した。

今の時代、
大きな画面のシネマ形式で観れば、青少年や昔観た大人たちを
感動の渦に引き込んで一大ブーム間違いない、ハリウッドに企画
持ち込んで見ればどうだろう。

タ-ザン AND ワイズミュラ- カムバック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です