洋画

世界を魅了するアメリカの映画監督

ジョン・フォ-ド、 アルフレッド・ヒッチコック、私が若い頃
観た映画の監督で世界中の老若男女を熱狂させた映画の魔術師
であるが、青少年に与えた影響は現在のテレビ、インタ-ネット
世代以前には最大の娯楽でもあった。

ハリウッドの名と共にアメリカ映画は世界を牽引し続けている。

その他印象に残るアメリカの映画監督と作品をご紹介しよう。

マーティン・スコセッシ
【 代表作 】 「タクシードライバー」「レイジング・ブル」
「ディパーテッド」

ジャン=リュック・ゴダール
【 代表作 】 「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「パッション」

スティーブン・スピルバーグ
【 代表作 】 「ジョーズ」「未知との遭遇」「シンドラーのリスト」

ウディ・アレン
【 代表作 】 「アニー・ホール」「ハンナとその姉妹」
「それでも恋するバルセロナ」

クエンティン・タランティーノ
【 代表作 】 「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」
「イングロリアス・バスターズ」

デビッド・リンチ
【 代表作 】 「エレファント・マン」「ブルーベルベット」
「ストレイト・ストーリー」

フランシス・フォード・コッポラ
【 代表作 】 「ゴッドファーザー」「ゴッドファーザーPARTII」
「地獄の黙示録」

デビッド・フィンチャー
【 代表作 】 「セブン」「ゲーム」「ファイト・クラブ」

クリント・イーストウッド
【 代表作 】 「許されざる者」「ミスティック・リバー」
「ミリオンダラー・ベイビー」

リドリー・スコット
【 代表作 】 「エイリアン」「ブレードランナー」
「グラディエーター」

ジェームズ・キャメロン
【 代表作 】 「ターミネーター2」「タイタニック」
「アバター」

ジョージ・ルーカス
【代表作】 「スター・ウォーズ シリーズ」
「インディ・ジョーンズ シリーズ」

その他有能な映画監督が揃っているが今回は割愛する。

西部劇のジョン・フォ-ド監督、自らワンカット顔を覗かせ、
スト-リ-展開で観客の度肝を抜いたヒッチコック監督、

上記以外の世代で私が一番印象に残る監督は、
黒澤明監督の影響を受けたと黒澤監督を評価するスティーブン
・スピルバーグ監督である。

宇宙ものからナチスの強制収容所を描いた「シンドラ-のリスト」
の問題提起は人間の根源を描いて余りある。

私が一番 好きな映画監督である。

映画は現状逃避と未来への希望を与えてくれる、過去と未来が
交互に銀幕に映し出される。

世界を魅了するアメリカの映画監督、             

            映像の魔術師たちに栄光あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です