洋画

キム・ノヴァク 愛情物語

タイロンパワー主演、最初の妻をキム・ノヴァクが演じている、
当時彼女は人気絶頂の女優、妖艶で美しい姿にべた惚れしていました。

ボストンのピアニスト タイロンパワ-がニュ-ヨ-クのクラブを
訪ねて来る、その間の経緯を経てブルジョアの娘キム・ノヴァクと
仲良くなっていき、ふたりは結婚するが・・・

物語は割りと悲しいことが有るのだが、それほど暗いム-ドではない。
舞台は古き良き時代の社交界、テンポが良いので見ていて楽しい。

映画が全盛の頃の良き映画である。
顔立ちのハッキリしたタイロンパワ-の魅力とキム・ノヴァクの美貌
が際立つ、

今、以上に女優がもてはやされて高値の花だった時代のラブロマンス
である。

私し等、これが同じ人間なのか別世界の美女ではないかとあこがれた
ものである、青春を謳歌させてくれた妖艶な美貌の女優だった。

主な出演作品

ピクニック
哀情物語
めまい
逢う時はいつも他人
ねえ!キスしてよ
ジャスト・ア・ジゴロ
クリスタル殺人事件

その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です