雑記

純愛というにはもどかしく、熱愛というには面映い

映画は観るものだが時として映画顔負けの場面に出くわす事が有る。 3年ぶりの同級会、桜の下の座敷雛、西日本は海を渡った四国での話し。 同級会が南国の地で開催される、 待ちに待ったその会に友は出席できなかった、それも健康理由… もっと読む 純愛というにはもどかしく、熱愛というには面映い