歌謡

今に残したい歌 二代目コロンビア・ロ-ズ

二代目コロムビア・ローズ
本名 宗 紀子、生年月日1944年4月29日。
初代コロムビア・ローズの引退後、オーディションにより二代目に
その激戦を勝ち抜いて栄冠を獲得した。

二代目コロムビア・ローズとして1962年 ♪白ばら紅ばらでデビュー、
1964年12月31日 ♪智恵子抄で第15回NHK紅白歌合戦に初出場、
初代に負けない声援を受けた。

1975年アメリカに渡る、現在はロサンゼルスに活動の場を移して
歌手生活をしている、頼まれれば日本でも歌手として舞台に立っている。

初代ローズとは現在に至るも親交を結んでいる。
2014年1月9日、木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌 に出演。

代表曲
白ばら紅ばら
智恵子抄
長い一本道
たけくらべ
二十四の瞳
智恵子抄   第15回NHK紅白歌合戦出場

コロンビア・ロ-ズは 初代~3代 といるが二代目のロ-ズは
私と二歳違いとあって、一番親しみがあってそのきれいな歌声には
引き込まれるものが有る。

現在のアイドルの傾向とは別で、本物の歌を聴かせる時代の歌手だった、
♪ 智恵子抄 ♪ 智恵子のふるさと ♪ たけくらべ ♪ 長い一本道 

しっとりとした歌の多い彼女だが、中でも ♪ 長い一本道は 一味違った
明るい歌で、落ち込んでいた時代の私は随分勇気をもらったものである。

身近な女性達とオ-バ-ラップして力をもらった、ただ感謝しかない。

今聴いても、心に訴えかける清楚な歌である、清らかな乙女の唄である。

今に残したい歌 二代目コロンビア・ロ-ズ” に2件のコメントがあります

  1. 「二十四の瞳」は昔、学校から連れて行ってもらった映画館で観ました。「10年を一昔というならば、二昔半前のことである」というような出だしをみんなで読んだ記憶があります。この映画は感動でした。

  2. 森永さん、
    おはようございます、

    瀬戸内海 小豆島を舞台に戦中戦後の激動の時代を生きた大石先生と子供たち、
    子供心に感動した記憶の映画でした。

    私達の時代は先生と生徒の絆が強く結ばれた良き時代でしたね。
    日本がいつまでも平和で、子供達の未来が希望に輝く明日であることを祈ります。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です