歌謡

名もなき歌手たちへ乾杯、そして感謝。

私は仕事に疲れたとき、悩み事がある時、ひとり部屋に
こもって You Tube の世界へ足を踏み入れる。

そこには派手やかな一線歌手のみならず幾多の名もなき
歌手達が各々の人生を赤裸々にぶつけて喉を競っている。

彼らの歩んできた人生の縮図が耳の奥から伝わってくる、
思いのたけをぶつける者、苦闘の過去を振り返る者、
そこにはプロ歌手にはない、裸の人間の姿が垣間見える。

けっして上手い人だけではない、ほとんど どうかと思う
人の方が多い、しかしその心の叫びには他人へ訴える本物
の歌の心が有る。

本物の歌手だけ追うのでなく埋もれた市井の中に光る歌手
がいる。
姿を見せる人が居て、姿を隠して景色で想いを表す人がいる。

その人間の根源を見るところに演歌の良さが有る。

私は自分のブログ作成のために You Tubeを覗いてみた、 
たくさんの名もなき素人さんが、投稿画面に映っている。

♪ 北へ帰ろう   徳久広司  作詞 作曲

上手い人が多い、その中で私の心を捉えた人がいる、
「ねちょ さん。」

特に、ねちょさんの歌は、目を閉じて聴くと胸にぐっと来ます、
故郷を思い出して涙が滲んで来ました。

その声、その表現方法、節回し、素人ですので上手く表現
出来ませんが、胸を打たれましたよ。

ねちょくん プラスさんのコメントを引用させて頂きますが
感激に免じてお許しください。

昭和50年・・・中学を卒業して、働きなが、定時制高校に
通い始めた年です。

・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな生活にも慣れてきた、16歳の秋・・この歌に出逢いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねちょくんの原点・源流・・・今も、心の奥底に流れる曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
始めは、この ♪ 北へ帰ろう でしたが、
次に和田青児の ♪ エンジンのない舟 ひそかに気に入っている
歌です。

北島学校の優等生 和田青児

ねちょ さん 探しの旅は、今始まったばかりです・・・
今後とも期待していますので、どうか沢山の歌を聴かせて下さい。

ねちょさんの郷里からの上京、その後の苦闘を偲んでいます。

最後に
徳久広司さん、黒ねちょくん、そしてねちょくん・・・シルエット
出演のエキストラ?の­皆さん・・

名もなき歌手たちと仲間の皆さんへ乾杯、そして感謝。

有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です