歌謡

うたごえ喫茶 P

久しぶりに、うたごえ喫茶に行って見た、
主催者は、私が最も信頼するM先生の愛娘にして
新婚間もない新妻Nちゃん。
ご主人は仕事の都合で見えられなかった。

女性が独身者~年長者で約20名、
男性は中年の司会者とギタ-伴奏の私の同僚D先生
他に私を含めて4名の 計6名。

喫茶Pは、熱気に溢れていた、午後2時から4時まで
さあ、始まった・・・

レパ-トリ-は、
男性の二胡 女性2名で二胡 女性単独のアルトサックス、
合間にD先生のギタ-が哀愁を奏でる、

♪・・・・・

浜辺の歌
みかんの花咲く丘
白いブランコ
空よ

うみ
夏は来ぬ
花の街
思い出のグリ-ングラス
野に咲く花のように
翼をください
ふるさと
見上げてごらん夜の星を

リクエスト曲
今日の日はさようなら
またあう日まで
花は咲く
その後、その場で数曲リクエストがあって

私のリクエスト
神田川
        ・・・・・♪

後になったが、私の隣は役所でお世話になり
数年前定年を迎えられた〇さん、
現役時代の思い出話に花が咲いた。

この人の不機嫌な顔を一度として見た事はなかった、
常に、来庁者に対して笑顔を絶やさなかった女性である。

職員の鑑だったと今にして思う、その時は気が付かな
かったが、お詫びも兼ねて楽しい会話をさせて貰った。
主催のNちゃんと話したものである「縁はありがたい!」

本日のうたごえ喫茶 本当は別の目的が有る、
主催者Nちゃんと若い人の縁談のお世話をしている、
その一端で、本人確認をさせてもらったのである。

素晴らしい独身女性、
一緒に合唱する昭和の乙女達のように、品の有る奥様に
なるだろう、それを確信した うたごえ喫茶だった。

家に籠もらないで外に出てみよう・・・
忘れかけた青春が、希望が蘇るに違いない、

皆さんと一緒に腹の底から声を出すことで ストレスが
発散する、悩み事が飛んで行く、代わりに福の神が笑顔
を見せる。

主催者Nちゃん、人のために真心を尽くされた人である、
幸せを掴んじゃおう、それが実現してそして又、人の為に
キュ-ピット役を請け負っている。

旦那さんの理解があるから出来ることである。

仕合わせの輪 幸せになりたい、
そんないじらしい女性の為に うたごえ喫茶はまた土曜
開催される。

リクエスト なんにする ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です