歌謡

サワ-グラスの哀愁 Mよ

夏の日の海岸通は波静かな景色と照りつける太陽とで

学生達の詰襟も汗に濡れていた。

男の学生3人は、遅刻するかも知れないと思いながら

それでもゆったりとぺタルを漕いでいた。

(なあに何時もの事、どうせ嫌な数学の時間だ遅れて行こう)

1年の純真な頃と違って3年になった彼らに決まりはそれ程

関係なかった。

特に番長Mは、ふてぶてしい気持ちで学校へ向かっていた。

周辺の学生に広く知れ渡り、K校のMで通っていた。

すれ違う学生たちが畏怖の念で頭を下げる、それには見向きも

せずMはぺタルをこいでいた。

「オ-ス!」 

前から4~5人連れ、H校柔道部主将Kがにこやかに挨拶した、

Mの兄嫁が独身時代にKの会社に勤めており、その関係で2人は

仲が良かった。

「オス!」

にやりと笑ってお互いはすれ違った。

良き時代の港町だった、各校入れ乱れた男同士の絆があちこちで

生まれていた、当然 諍い、喧嘩も多発することになる。

巷で、フランク永井に対抗するように三船 浩という低音歌手が

男の歌を唄って喝采を浴びていた。

今、思い出しても3人はませていた (大人びていた) この歌手

三船 浩 の歌を、低音をまねて唄ったものである。

あの頃の港町、白波あがる宇〇海を思い浮かべながら、

番長M 昨年末糟糠の妻を亡くしたY、そして私U

あの学生時代を振り返ってその歌声に耳を傾けて見たい。

♪ サワ-グラスの哀愁 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です