歌謡

桜の花びらと女心

バーブ佐竹 / 女心の唄

懐かしい人である、苦労人だった。

顔に似合わず女心を唄わせたら天下一品、

彼のショ-が地方都市の広い会場で開催された、

バ-ブさん、絶頂の頃。

ショ-の終わった夜 夜の街へ繰り出した彼は

足どり軽く馴染みのスナックへ向かった、

いささか演歌の上手いマスタ-と意気投合して

付き合いが始まっていた。

「マスタ-あげるよ!」

腕から高価な腕時計を外して

カウンタ-の中のマスタ-に差し出した、

「いいの、こんな高価なもの ?」

男同士の友情がそこにはあった。

・・・・・

外は、雨が静かに降っている、

満開の桜が・・・

恋人同士が、さだめに引き裂かれるように

昨夜からの雨で 

その花びらは 終止符を打った、

アスファルト道に無残に横たわった花びら

その いたいけな 白い景色に

ハンカチで涙を拭った 女心を想っていた。

バ-ブ・佐竹

バ-ブさん・・・あの時の腕時計

チクタクと健気に呼吸しています。

桜の花びらと 女心

天国で 歌ってますか・・・

女心の唄 バーブ・佐竹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です