歌謡

ふるさとが ありますか

つわぶきを採りにいきました

貧しかった時代に母が食卓にのせてくれた思い出の
つわぶきです

海岸線から少し山に分け入った 道幅の狭い傾斜地に
つわぶきは雑草に混じって生えていました

ふるさとに蜜柑山がまだなかった頃
芋と麦で生計を立てていた時代の遠き日の思い出

貧しい時代の故郷の食卓には季節毎に並んでいました
つわぶきの姿を見ると
母と故郷と 変わらぬ山肌が見えてくる

私が青春時代 耳に届いて来た歌がありました

♪ ふるさとのはなしをしよう

作詞 伊野上のぼる
作曲 キダ・タロ-
歌  北原 謙二

1 砂山に さわぐ潮風
  かつお舟 はいる浜辺の
  夕焼けが 海をいろどる
  きみの知らない ぼくのふるさと
  ふるさとの はなしをしよう

脳梗塞により不自由な身体で闘病生活を送られた北原さん
彼の無念を思いながら 口すさんでみました

静かな日曜日
我が家の愛犬がソファ-の横に寝転んであくびをしている

霞のかかったような空 西南方向に我が故郷は在ります
ふるさとの話をしよう 故郷の話をしてみたい

あなたに ふるさとは ありますか
お母さんの ぬくもりを 覚えていますか

♪ 若かりし母の歌 ねちよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です