歌謡

親父の酒場

親父の酒場

小さな路地を奥に数十メ-トル進むと石垣沿いにその酒場は在った、
年老いた親父さんと面倒見の良い女将さんが仲良く迎えてくれた。

間口一間 カウンタに5人も座れば満杯、狭いながらも暖かな
雰囲気の店、奥に小さな小部屋があって庶民的なつくりだった。

Sは、口数の少ない親父さんが好きで、時々覗いていた。

昔はやんちゃもんが恐れた鬼刑事、今では虫も殺さぬ好々爺だ、
それが親父さんだった。

相性と言う、どうにも説明できぬ男の絆、たまらなかったね、
だから、その店に来る客とはどういう訳かウマが合った。

女の話はご法度だったが、べつに嫌いという訳でもない、
親父さんと一杯やりながら話をするだけで満足していたのである。

馴染みの漁船員のKさんが先客だった、
目つきの鋭い男伊達、身体は小柄だが俊敏で喧嘩の強い男だった、
奇妙にウマが合う、ツ-とカ-ですべてが通じた。

「Kさん、今度はゆっくりかい・・・?」
「そうだよ、後から行くよ !」

酒場 ここは、裏町の酒場
石垣が覆いかぶさるようにせり出している。

狭い路地だ、この路地で呑み助たちが肩怒らせて喧嘩した、
「よしな !」 仕舞いに親父さんの出番が合って、喧嘩はやんだ。

男と女
他所の店の女達が男と肩を並べて親父さんの店の暖簾をくぐった、
一夜の恋が芽生えて、そして別れの朝を迎えた。

酒場は、そんな男女の面影を忍ばせて、過去からよみがえる。

ちょっと、聴いてみようか ?

Kと女を思い出すな、 遠い昔のことだものなァ・・・!?

酒場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です