歌謡

リクエスト あいつ ~男の友情~

リクエスト あいつ ~男の友情~

昨夜のそぼ降る雨がやんでいた、
西側の窓の外に真新しいスダレをかけた。

重辰川の水かさが増して流れがスピ-ドをあげて
下流に向かって流れ込んで行く、

まだ三方の山並みが垂れ込めた雲に覆われていた。

一息いれて、熱いコ-ヒ-を自分で煎れる、ゆっくり
喉で味わった。

昨夜見た夢は、遠い昔の情景が現在進行形で現われる、

懐かしい居酒屋で、俺とお前の涙酒、愚痴は言わぬが
心で泣いて・・・

男の世界は切ないね、胸の鼓動を知る人いない ?
貴様と俺の向い酒、ちゃん友達の契り酒、咽ぶ男の涙酒、

気が付くと一升瓶が空いていた、
舌がもつれ記憶が飛んで、それでも肩を叩いて泣いていた。

あれは、昭和の残り火か ?

行く末に途方にくれた迷い道、胸いっぱいに、苦労の実を
抱えていた。

その友は、
その彼は、俺の前から姿を消した ・・・ 永遠に~ !

お前と交わした男酒、涙にくれた迷い酒、
酒よ! 酒よ! あの夜のカウンタ-の灯りよ !

もう一度、あの日を返しておくれ ?
奴の笑顔を見せておくれ !

演歌を 男の歌を あいつの唄を 聴かせておくれ。

カラオケで竹馬の友の歌声が、部屋いっぱいに
こだまする、

  ♪ いつでも仲間を 思いやり

おおい! Fよ、F、 忘れないよ 戻ってこいよ ! 

水を張った田圃からカエルの合唱が聞こえてきた。 

♪ あいつ ~男の友情~

  作詞:仁井谷俊也

  作曲 :影山時則

   唄  : 秋岡秀治

♪ いつでも仲間を 思いやり

  自分のことなど 後まわし

  いい奴ばかりが 居なくなる

  言いたいことは 山ほどあるが…

  そのうち逢えるさ あゝあいつ

       ・・・・・

 カエル達も泣いてくれるかい、戻ってこいと・・・!?

あいつ ~男の友情~ 秋岡秀治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です