歌謡

第一高等學校寮歌 嗚呼玉杯に花うけて

今思い出しても不思議なのは、
第一高等學校寮歌 嗚呼玉杯に花うけて

私は、この歌が非常に好きで、それもいつ頃から耳にするように
為ったのか定かではない。

中学か高校時代に覚えたのではないだろうか ?
それにつけても何故に好きなのか、勇壮な響きなのだろうか ?

ことに、今痛切に感じるのは、
政界 官界 財界 全ての業界で指導者にある卒業生達に対して
注文をつけたいことがある。

今、日本は未曾有の国難に見舞われているが、今般の世界遺産登録に
於ける外務省の無能ぶり、韓国にしてやられる外交力のなさと胆力の
欠陥、誠に嘆かわしい。

東大といえば我々から見れば、富士の山、仰ぎ見る頂点、しかし、
その実態は左に染まる左翼振りと温室育ち、誠に持って嘆かわしい。

どこに愛国心があるのか、国を守る気概があるのか、外務省その他の
ヘたれぶりを見るに付け腹が煮えくり返る。

彼ら、卒業生に今一度原点に返れ、日本の国を過去の栄光に引き戻せと、
訴えたい。

日本が侵略されていいのか、貴様達が(尊敬込めて)死守しなくて
誰が日本を守るのか、どうしたいのか、理念は果たしてあるのか ?

その思いで、この ♪  嗚呼玉杯に花うけて を捧げたい。

「あの 気迫を取り戻せ !?」

 嗚呼玉杯に花うけて
    作詞者: 矢野勘治
    作曲者: 楠正一

♪ 嗚呼玉杯に花受けて(一高寮歌) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です