歌謡

勇気ひとつを友にして 強く生きて

勇気一つを友にして
心細い旅立ちだった、
四方八方敵ばかり、そんな心境だった。

悪が呼んでいる
ちょっと来いと!

困ったな、どうしょうか ?
心臓がパクパクする、のどが渇いてきた、

ここで逃げると いつまでも追いかけられる
じゃあ、覚悟するか、そうだ深呼吸・・・

裸電球の街灯がもの侘しげに ?
行く手の狭い軒をぬう道を照らしていた、

辻に妙な男達が 何かを警戒している

何故なんだ ? 妙な胸騒ぎがしてきた、

その間も 頭の中は物凄い勢いで 打開策が
回転している

結論、
まあ、どうにでもなれ、なるようになるさ、
開き直りと言う奴である。

そうすると不思議なことに心が 心と言う奴が
落ち着いてきた、

とおい昔、悪の大将に呼び出された時のひとこま、

誰も助けてくれない、 ひとりぼっち
究極の孤独、 心細さ 暗い路地の不気味さ
じゃあ、どうしたのよ

開き直り、どうにでもなれ 

勇気一つを友にして
これしか なかったのよ !?

思いでは空想を友にして蘇る
子供の頃のドリ-ム 
大人の世界のファンタジ-

思い出と歌の アンバランスな 組み合わせ
それが不思議なのよ 何故なのかな ?

思い出にふける 夜半 台風11号が

我が家の上を通過中、勇気一つを友にして

そっと、しておくよ、その勇気忘れるな。

屋根の上から 雨交じりの声がする 

♪ 勇気一つを友にして

    作詞 … 片岡 輝
    作曲 … 越部 信義
    編曲 … 湯山 昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です