歌謡

冬牡丹 杉良太郎

杉良太郎の歌に冬牡丹という歌がある、
You Tube でどんなに探しても聴くことができない。

同じ題名で鏡五郎 が唄っている、曲は全く別物である、
杉良の冬牡丹は何故か出てこない・・・。

以前、CDを購入して大切にしていたが仕事上の書類にまぎれて
紛失してしまった。

昔の女を振り返る切ない男の嘆き節、
過去のある男ならば、胸がきゅっと絞れる思いに捉われる。

坂口照幸の詞に弦哲也が曲をつけている、
初めて聴いた時、
「何故? お二人さんは俺の昔を知っている ? 何故 ??」

思わず、そう叫ぶほど男心を迷わせる、「古傷を触るなよ !」

杉良の歌は、我慢する男の胸の内を、垣間見せてくれる、
任侠もの、たとえば ♪ 瞼の母 ほろりとさせやがる !

♪ 明日の詩  ♪ すきま風  ♪ 男の人生 
杉良の歌には、男の哀歓が滲みでる 

何だよ!  何 なんだよ ?  
若い頃は、世の女性どもを虜にしたが、年とともに男の臓腑を
わしづかみ。

杉良の良い面は、舞台 芝居にある、メリハリの利いたセリフ回し、

頭の良い御仁たちには分かりにくいが、義理人情を弁えた男達には
胸の中にすっと入ってくる、男なら共感することが多い筈だ。

若い頃は憎らしいほど自信に満ちていたが、年とともに、美人で
気立ての良い嫁さんを迎えたことで、男の値打ちが出てきましたね。

同年輩の私は彼の生き様に共感するところが大きい、隠れてそっと
眺めるファンでもある。

しかし、杉良はもてる、焼餅焼く男達がいる反面 年寄りの希望の
星でもある !

今度、是非、杉良太郎の ♪ 冬牡丹 聴いてください。

  ♪ むかしの女に今も詫びたい ・・・・・

「冬牡丹」
 作詞: 坂口照幸
 作曲: 弦哲也
  歌: 杉良太郎

 ♪ むかしの女に今も詫びたい
    男のせつなさくすぶる夜更け
     夢を持たせて引きずるなんて
      許されないこと 男には
       遅咲きの 冬牡丹(ふゆぼたん)
        あのひとは今しあわせか

夜、それも夜半
人が 寝静まった頃

一杯 飲みながら 聴いてみようか ?

何故か 涙がにじむ !
お互い 若い頃は むちゃしたものだよな

少しは、人の情けを思い出すのも いいものだ ぜ

そういう俺は、弦 哲也の歌に (曲) よわい ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です