歌謡

はぐれコキリコ 若よ節よ聴いとくれ

肌寒い雨が降っている、
風呂から出て少し時間が経っている、湯冷めかな ?

半纏を引っ掛けた。

手紙やハガキを整理していた、通り過ぎた人々が
目の前を通り過ぎる、懐かしいな ?

どうしているかな ?

その中には既に亡くなった人が結構居るのに気がついた、
追憶の彼方からそれらの人々が蘇って来る。

「兄さん!」 若が悲しそうに目を伏せた、
「どうした! 若!」

女房の節が流産した・・・
初めての子供だと仕事帰りに寄ると若は喜んでいた。

なのに、なのによ、節が流産した。

黙って熱燗を一本つけて、若のお猪口に注いでやった !
「兄さん!」 後は言葉にならなかった、

目から涙があふれ出た。

中学を卒業すると山間部の町から若は港町へ出てきた、
家具職人の丁稚奉公だった。

貧しい百姓の長男坊、母はみすぼらしい玄関先から若を
見送った。

「親方さんの言うことを聞いて辛抱するんだよ・・・」

苦節〇年 こうして一人前になって若は節と所帯を持った、
流産の悲しみを乗り越えて、その後、若は三人の男の子に
恵まれた。

あれは、阪神大震災の年、若は苦労を共にした節と子供
たちを残して天国へ旅立った。

憎い病気の所為だった、薬は効かなかった。

若を偲んで聴く歌がある
成世昌平 辛いが聴いてみようか ?

作詞 もず 唱平
作曲 聖川 湧

♪ はぐれコキリコ 成世昌平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です