歌謡

健さんが愛した女性 アカシアの雨がやむとき

私達世代の男性にとって俳優 高倉 健さんは特別の意味を持っている。

役者稼業の演技じゃないかと口を尖らす向きもあるが、
どうして、その後姿は演技以前の本人の真摯な性格に負うところが
大きい。

60年安保世代の虚無感とごちゃ混ぜにして世間は評価するが、
たとえ、その思想的背景はあるにしても刀ひとつひっ下げて叶わぬ
多勢に向かう男の後姿に若者達は狂喜・共感した。

私は彼らとは異質な見方で健さんの後姿を追ったが、我慢を重ねて
仕舞いに爆発する男のエネルギ-は共感できた。

ヤクザ映画の衰退に伴い健さんは別の文芸物から刑事物、人情物と
その生業を変えて行くことになる、孤高の後姿は形を変えて観客の
想いを代弁した。

健さん生涯一度の結婚は、三人娘に称された江利チエミ、抜群の
歌唱力の実力歌手だった、テレビでサザエさんを見る人達にとっては
何故と思われるかもしれないが、♪ テネシ-ワルツ等に見る聴かせる
唄は、秀でたものでした。

♪ 新妻に捧げる歌、

  1964年3月発売 作詞:中村メイコ  作曲:神津善行
   見事な情感である。

  ♪ 幸せを もとめて
    二人の心は
     よりそい むすぴあう
      愛のともしび
       悲しみを なぐさめ
        喜びを わかちあい
         ふたりで歌う 愛の歌
          ラララ ラ ラララ ラ・・

今は亡き 高倉 健さんと 江利チエミちゃんに 捧げます。

愛し合った二人だというが、周囲の状況で別離を余儀なくされたという、
健さんを恋しながら元に戻らなかった糸、チエミちゃんの胸中が哀れである。

そう思って彼女の歌を聴くと、万感胸に迫る。

天国でふたりっきりで心おきなく語り合ってください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です