歌謡

クリスマス・イブ  CHEMISTRYで・・・

クリスマス・イブ 
人それぞれのクリスマス・イブ
あなたは誰とイブを過ごしますか ?

私のクリスマス・イブは、孤独な夜のライブでしたね。

名曲喫茶の2階の窓際の席 これが私の定番でした、
窓から通りを見下ろすと楽しげなカップルが片寄せあって・・・

うらやましいとは思いませんでしたが、自分の不甲斐なさに
少しばかりしょげましたね。

親しいママがやっていたバ-に足を向けると
「若い者が何ですか ? 元気をお出しよ、ハイボ-ル奢るからさ」

ナンバ-ワンのRちゃんがカウンタ-の奥からウインクを寄越した。
「Sちゃん、私が今晩付き合おうか ?」 冗談と判っていても
嬉しかったね。

それが二十歳過ぎ・・・

(恋をする暇がないんだよ ?) 何のことはない、負け惜しみ !
無骨な青春は、空手に明け暮れ、男同士の土つぼに嵌っていた ?

田舎町、漁業の町は、荒くれ男達で賑わいを見せた、喧嘩三昧
仲裁に借り出されて恋をする暇等ないよ・・・相変わらずの意固地。

恋人達の後姿にため息ついていた。

稽古が終えるとたまにフェリ-乗り場へ後輩と向かった、
九州に想いを馳せ、大分、別府に明日を夢見たこともある。

港町からたくさんの人々が九州へ新天地を求めて移住していた、
私の竹馬の友も開拓農家として大分に渡った。

12月の街灯は、クリスマス・イブは、降る雪を照らして物悲しかった、
好きな人が居ないわけではないが、断られるのが怖かった。

男同士が良いってことよ、強がりを言ってバ-のカウンタ-に座った、
ママがR-ちゃんが目配せして励ましてくれた。

「いつかは、ふたりのクリスマス・イブを見つけるんだよ」
そう言って、慰めてくれた。

25歳の旅立ちまで、ひとりクリスマスは続いた。

電柱の陰から、街灯の明かりに遠慮して
遠くから見ていた女性が居たことを知るのは、ずっと後のことである。

ふたりだけのクリスマス・イブ、たった一度、迎えることが出来たのに
別れのブル-スが、その後待っていた。 

九州 大分 別府
クリスマス・イブの粉雪が 海峡を越えた。

今宵は
CHEMISTRYで クリスマス・イブを聴く、切なさは男の青春、見果てぬ夢。

岸壁に花びらが漂っていた。

CHEMISTRY – クリスマス・イブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です