歌謡

暗夜航路 母を慕いて 今宵歌を

キム・ヨンジャの暗夜航路を聴くと、亡き母の涙を思い出す。

何故かしら彼女の眉をしかめた歌い方を見ると切なかった
母の悲しみが偲ばれてならない。

半農半漁の寒村は、戦後の混乱期とはいえ殊に貧しかった、
急傾斜の段々畑に芋と麦を植えて天秤棒か背負い子で運んでいた。

男氏は、昼間の労働が終わると四つ張りと言う手漕ぎの櫓を漕いで
沖に出る、昔の人は寝る間も惜しんで働き尽くめた。

母はそんな貧しい村の百姓家の長女として生まれた、ふたつ上に兄が
いて。下にふたりの妹が居た、17才で父の元へ嫁いだ母の苦労の
始まりだった。

別ブログで先刻紹介しているので仔細は省くが、10人の子供を産み
貧しい生活にも根を上げない人だった。

キム・ヨンジャは、神様が使わせた母の面影を追う影武者 (失礼だが)
そんな思い出を振り返り、彼女を眺め、亡き母の面影を偲んでいる。

今宵は、私が最も好きな、その歌声のテクニック、感情全てに共感する
新二郎さんの 「暗夜航路」を聴いてみたい。

♪ 暗夜航路 
   作詞 吉岡 治
   作曲 弦 哲也
   歌手 キム・ヨンジャ

   ♪ 暗夜航路 新二郎
     生きてゆくのが 下手だから
      にがさ重ねて 千鳥足
       ・・・ ・・・
 

田舎の方言で おふくろ
あの世で幸せを掴みましたか この世では苦労したものね
親孝行出来ずじまいだったが、真面目に生きているよ 

泣き顔よりも 笑い顔を 見たいものね・・・おふくろ !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です