雑談

昭和の残像 親子舟歌

親子舟唄という歌がある

今は亡きバタやんと、名子役だった白鳥みづえの歌、
白鳥みづえは母もの映画で一世を風靡した作家川口松太郎夫人
三益愛子の子供役で大衆の涙を誘ったものでした。

同時代同じ名子役 松島トモ子と人気を二分した人気子役だった。

田端義夫と白鳥みづえが歌ってヒットした懐かしい歌である、

♪ 親子舟唄
昭和三十年発売。
作詞:藤田まさと 
作曲:大久保徳二郎

今は懐かしい昭和の御世を思い出して口ずさんで下さい。

川野夏美&冠二郎 親子舟唄

昭和の残像 親子舟歌” に2件のコメントがあります

  1. 大切な処女地へのコメントでしたのに、第一号からして、ハンドルネームを書き違えて
    申し訳ありません。もし、訂正できるならばどうぞ改めて頂きますよう、お願い致します。

    白鳥みづえちゃん、とても懐かしい歌い手です。
    宮崎県高鍋町では、小丸川という川のほとりに住んでいました。
    小丸川には姉と弟二人の船頭さんがいて、向こう岸へ船をこいでくれました。
    お姉さんは姉の同級生、弟さんは私より一歳年下なのですが、向こう岸まで、巧みに船を
    操る姿に何時も賞賛の目を向けていました。
    貧しくて貧しくて、家の入口はむしろ一枚をぶら下げている掘っ立て小屋でした。
    姉は私の親にも内緒でさりげなく(遠足や修学旅行などの時に必要なものを)心配りをして
    おりましたが、三歳年下の私は、何にもしないままでした。

    この歌を聴くと当時の渡し船のご姉弟を思い出し、周りの景色までも生きて現れてきます。

    歌の力、音の力は凄いなぁ~、と思います。白鳥みづえ、好きな歌手でした。

  2. コスモスさん、
    やさしいコメント頂いたのに申し訳ありませんがハンドルネームだけ訂正させてください、
    よろしかったら「スクリ-ン」でお願いします、あの頃の白鳥みづえちゃん可愛かったですね。

    漫才師と結婚していなかったら、もっとスタ-になっていたのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です