雑談

想い出の忘れ風鈴 あの人は今

2011年6月15日 別ブログで紹介した 北島一家の和田青児の歌、
すれ違った人々を思い起こしてこの ♪ 忘れ風鈴 を聴いている。

高比良よしのり
五木ひろしと同郷、同世代の歌手、哀愁のある声質と説得力のある歌唱力、若い頃は
トランペッタ-として音楽活動、50歳で歌謡界に入る、幅広いレパ-トリ-を持つ
味のある魂を揺さぶる歌手である。

高比良よしのり その高比良節を堪能して下さい。

若い歌手の元気な見栄えの良い歌もいいが、一節一節のコブシの中に人生の苦労を経験
した大人の歌も良いものです、私はそんな人の歌に共鳴します。
是非! 聴いてください。

自分だけの幸せに拘る人は、いつかは孤独の沼に沈むことになる、
人の為に、嘆きの人に、あなたの手を差し伸べて下さい、いつかは喜びに帰る筈です。

夏の日の風鈴が 忘れた思い出を蘇えらせます。
私の青春がそうであったように、笑顔の日々をつれて・・・!

高比良よしり「忘れ風鈴」
 作詞:里村 龍一
 作曲:徳久 広司
 歌手:和田 青児

♪ 窓の風鈴 鳴る音わびしい
  呼んでみたって 返らぬ女(ひと)よ
   雨よ降れ降れ 想い出川に
    ・・・・・

高比良よしのり「男の酒」
  作詞:吉岡 治
  作曲:岡 千秋

 秋岡秀治の「男の酒」
 友人との飲み会でマイクを握りたい好きな歌です。

 ♪ 男ひとりの 手酌の酒は
    燗もあつめな にがい酒
      酔ってどうなる 明日じゃないか
      ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です