雑談

ユー・レイズ・ミー・アップ  ケルティック・ウーマン LOVE

その人の死を嘆くように冷たい雨がウインドガラスを叩く、 出勤ラッシュが終わったその時間は車の通りも少なくなり 雨雲が低く垂れ下がっていた。 葬祭場は身内と親しい人々だけで去りゆく人を見送っていた、 私は、ほんの手違いで1… もっと読む ユー・レイズ・ミー・アップ  ケルティック・ウーマン LOVE