雑談

ぼくらはみんな生きている  手のひらを太陽に

遠い追憶の彼方 私がまだ手話サ-クルに関係のなかった頃、 目の大きい体格の良い若い男がひとりで店に入ってきた。 いやに目つきがきつかった、見開いた目は私の心を見透かす ようにジッと私の顔を凝視していた、無表情が薄気味悪か… もっと読む ぼくらはみんな生きている  手のひらを太陽に