雑談

Tちゃんは  オイラの兄貴分

今日も暑い日になりそうだ我が家のリビングはエアコンが
効いて裸にいると寒いぐらいだ。

やけにエアコンの音がうるさい、ガラス戸が開いて網戸に
為っている、ああ! 電気代が高くつく、小さな後悔 ?

冷凍庫にキャンディが入っている、今年初めて食べてみた、
子供の頃の思い出が蘇えってきた。

私の田舎は250軒の小部落、海と山に囲まれた半農反魚
の村、
今頃は友達と前のズラシ(コンクリ-トの坂道) を降りて
海に入りハシャイでいるはずだ、少し沖に出ると海へびが
身をくねらせて泳いでいた、かまれた経験はなかったが ?

もし噛まれていたなら大事になっていた筈である、
クラゲに刺されるのは日常茶飯事、「痛い!痛い!」と
子供の内誰かは泣いていた、しかしそれで海水浴を止めた
子供はいない。

少年の日 子供達の夏休み、肌が焼けるような陽射しは
海に入ることで癒していた子供達、平和を満喫していた
故郷である。

その少年の日に、忘れられない先輩Tちゃんがいた、
強い兄ちゃんだが家には怖い鬼の父親がいた、ヤギのえさ
草刈が日課の可哀想な子供だった、お供するのが少年の僕。

Tちゃんはオイラの兄貴分、男の遊びも、大人の怖さも
教えてくれた先生・師匠 !

大人になって大工さんになった、そして綺麗なお嫁さんを
貰って4人の子供のお父さんになった。

私が居酒屋を経営してその忙しい日々、忘れた頃にやって
来て嬉しそうに声をかけてくれた、 別れは年の暮れ !

いつも庇ってくれたお母さんのお墓の前でTちゃんの命は
終わった、優しいお嫁さんと可愛い子供達を残してお母さん
の元へ旅立ったのである。

今年もお盆が来ました、故郷の花火大会の賑わいの中で
Tちゃんの子供達の姿は在るでしょうか、長女は花火を
打ち上げる港の傍のお店屋さんの女将さんになっている。

長男は生まれた田舎で、亡き義父が始めた居酒屋の主人に
なって鉢巻姿で頑張っている。

私が大人になってお金の有りがた味が分かるようになって
心に引っかかることがあった・・・

まだ家一軒請け負うことの出来なかった貧乏大工のTちゃんは
子供4人を育てながら経済的に苦しかったのではなかったか?

ある時、店に来て「悪いけど置いといて(つけにしといて?)」
と淋しそうに言って店を出たことがあった、

それから間もなくの年の暮れ、Tちゃんは亡くなるのである!
「お金を貸して !」 と頼みたいことも有ったのではないか?

それらの事を振り返ると、尚更兄貴分が可哀想でならなかった、
( 気がつかなくてごめんよ? Tちゃん!) 後悔は消えない。

悪童に強くて弱者を助けた兄貴分は、弱い者にけして無理を
云わなかった、その心の内を思うと自然に涙がこぼれる。

遠い日の わらべ歌  大島の向こうに太陽が沈む、辺りが
暗くなって草を刈るカマの手が止った。

「Yやん、もう帰ろうか!」Tちゃんの顔がにっこり笑った !?

「ふるさとの話をしよう」 Tちゃんはオイラの兄貴分、
 遊びの先生  !?

♪ ふるさとのはなしをしよう 北原 謙二  本人歌唱
 作詞 伊野上のぼる
 作曲 キダ・タロー
 唄 北原謙二

 YouTubeで ご覧下さい。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です