雑談

永遠の美女  麗しの  カトリーヌ・ドヌーヴ

永遠の美女 麗しのカトリーヌ・ドヌーヴ

フランス映画「シェルブールの雨傘」は、
傘屋の娘ジュヌヴィエーヴと自動車整備工ギィの恋物語、

将来を誓い新しい生命を宿した二人だったが彼が戦争に招集され、
消息が途絶えたことで運命の歯車が狂うことになる。

お互いを思いながら、2人はそれぞれ別の男女と結婚してしまう、

クリスマスの夜、雨から雪に変わる頃偶然に彼のガソリンスタンド
店に立ち寄った彼女が、彼の幸せそうな家族の生活を見て、寂し
そうに走り去るエピローグが印象的です。

ポール・モーリアのチェンバロ演奏、
恋はみずいろ、エーゲ海の真珠、をはじめ、多くの曲で効果的に
チェンバロを使っています。

妖艶な女優の多かった洋画界でドヌーブの清楚な美貌は際立っていた、

ブリジットバルドーと付き合っていたロジェ・ヴァディムと付き合う、
この野郎と怨嗟の声が巻き起こったものである。

その後、カトリーヌ・ドヌーヴはロジェ・ヴァディムに捨てられる。

女たらしの噂の高かった映画監督ロジェ・ヴァディムに嫉妬して
ヤケ酒をあおった男たちは世界中に多かった。

当時の私は清純派のカトリーヌ・ドヌーヴよりもイタリアの女優
妖艶なジーナ・ロロブリジーダに憧れた。

シェルブールの雨傘 Les parapluis de Cherbourg
ポール・モーリア

YouTubeで ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です