雑談

アニ-・ロ-リ-   遥かなり   あの日

本来の人間とは淋しい生き物だなと思う事が有る、

人間関係に疲れ、仕事の壁にぶち当たる時、家族
問題で悩む時、あなたは何に救いを求めますか ?

若い頃と違って今の私にはそれ程の苦悩はありません、
様々な経験がそれに耐える強さをもたらせてくれた。

楽観的性格はこのようにして形づくられ、物事にくよ
すよしない性格が出来上がった、有り難いことです !
郷愁、遥かなり、過去よ !

未熟な人間の繰り返した失敗は恩讐の彼方に捨てたい、
懺悔の中の郷愁は「汝の敵を愛せよ!」 の心境に到達
した。

発車のベルは、未練を残して尾を引いた、
記憶の中に鳴る歌がある、田舎町の駅舎とプラットホーム
は、学生服で溢れていた。

一番線ホームに登りの列車が滑り込んだ、その時聴こえた
曲が「蛍の光」と「アニー・ローリー」だった。

数十年の時を経ても、あの情景は消え去る事はない、
若人達の涙の想いは都会へと引き継がれ希望に託された。

私は近年特に、楽器に興味が湧いてきた、いろんな音色に
酔いしれている、帰らざる河、の置き忘れた想い出に郷愁を
求めている、彼の日に流れた歌の数々が、心を震わせる。

私は自分を鼓舞して、その勇気を称える !
「よく頑張ったじゃないか ! それで充分だよ ! 」

アニー・ローリーは惜別の歌、あの日の駅舎が蘇る・・・ !

この頃つとに耳を傾けるのは ヴァイオリン、その音色に聴き
惚れる、

「アニー・ローリー  山内 達哉」

アニー・ローリーをニニ・ロッソのトランペットでもどうぞ。

「新しい旅 6. 「アニー ローリー」 演奏 NINIROSSO 
 歌詞付き:」

   YouTubeで ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です