雑談

ダイアナ・ロスに  癒されて  想い 愛

電話の向こうで彼女は少し取り乱していた、
随分の昔の彼女の親友の話だった。

親友と彼女は高校の同級生、公私に渡って
仲が良かった、常に行動を共にしていた。
その親友の悲恋の話を聞いていたのである。

ある事をきっかけに悲劇は起こった、永久の
別れに運命は突き進んで行く。

「何かを忘れている?」

そう思うと男の心は晴れない、必死に思い
出そうとするのだが、何かが分からない ?

そのもどかしさも日々の多忙に次第に忘れ去ら
れて行った。

一度だけ男と女は偶然喫茶店で顔を合わせた、
彼女は、男の顔見知りとカウンタ-に座って
いたが、しばらくして彼女達は店を出た。

店から出る間際、振り返る彼女の目は何かを
訴えているようだったが、数十年経った今も
2人が逢う事はなかった。

2人は結婚を約束していたが、ほんの僅かな
誤解が元で男の心は別の女性に向いていった。

泣き崩れた彼女は、それでも十数年彼を待った、
彼氏の結婚と子供達の誕生を彼女は同じ町内で
見続ける事に為る。

悲しみは深まるばかりだった。

その思慕の想いが、男の脳裏に届いていたのである、
「俺は、何かを忘れている ?」

その大切な忘れ物は、ひとりの女性の男を愛する想い
だったのである。

判明したのが彼女の親友との電話だったとは、運命の
皮肉は残酷だった。

救われたのは、婚期の遅れた面は有るが、資産家の
優しい主人と裕福な家庭に嫁いだことである。

一途な恋の結末は、女性の幸せに軍配が挙がった。

ダイアナ・ロスの If We Hold On Togetherを聴くと
あの日、泣き崩れた彼女の純愛が思い出される。

神様の計らいは、見事なほどのハッピエンドを女性に
プレゼントしたことである。

泣いた数ほど、女性は幸せになる権利がある !?

ダイアナ・ロス If We Hold On Together

 YouTubeで ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です