雑談

歌は喜びも悲しみも  あなたへの  灯火

「Sさんは、どんな歌手が好きですか ?
どんな歌を唄うの ?」

その人は、遠慮気味に聞いてきた、

「私は、浪曲師の真山一郎が好きなんです!
その人が、そのように言うと、
どこからか浪曲歌謡が聴こえてきた。

「娘が届けてくれたのですよ」
気も晴れるだろうとの優しい娘さんの想いが
伝わって来て、思わず胸が熱くなった。

真山一郎
「刃傷松の廊下/番場の忠太郎/雪の桜田門 」

生きる事に疲れて気落ちする人がいる、
何をやっても心が晴れない、あの世が楽しい
もののように思えるようになる。

慌てていく所ではない、その内皆万遍に平等に
お迎えが来る、
だからそれまで焦らずのんびりと待ちましょう。

「北島三郎が好きで、彼の歌は大好きで愛唱歌は
数え切れません!」

「何を歌いますか ?」

「サブちゃんの喧嘩辰、あばよ東京、博多の女、
よく唄うのは、終着駅は始発駅」

「村田英雄のなみだ坂、夫婦春秋」

「秋岡秀治の男の酒、あいつ~男の友情」

「作曲家の徳久広司の北へ帰ろう」

そのように答えた、

小林 旭は、青春時代の思い出の歌手、
「さすらい、純子」
数えたらきりがありません。

石原裕次郎は別格
「赤いハンカチ、錆びたナイフ、俺は待ってるぜ、
想い出はアカシヤ」

フランク永井
「俺は淋しいんだ、こいさんのラブ・コ-ル、
夜霧に消えたチャコ、ラブ・レタ- 」

その他 多数

その人は、三門忠司が好きだという、もと浪曲師、
さすがにうまい、作詞、作曲家により以上恵まれ
たら大歌手になる人である。

ひとり、私がお薦めしたい歌手がいる、
少し前お亡くなりになられた「旭川慕情、(津軽慕情)」
の横内じゅん。

しかし、その人は、この歌手は存じないと答えられた。

鏡五郎 「漁火の宿 」

民謡から福田こうへい「南部蝉しぐれ、(津軽慕情)」

歌は、その人の折々に勇気づけ、また共に笑い合う!
心の灯火にして、明日への太陽 !
私の人生にかけがえのない、道標でもある。

「Sさんがまさか真山一郎が好きだとは驚きました!」

このように会話をする事で心が晴れるなら、これ以上
の喜びはない、

身体の不調、家族の問題で気分の塞ぎがちな人は世の
中に多い、

どうかお声をかけてあげてください! 励ましてあげて
て下さい、

田舎でひとり寂しく孤独をかこつあなたのお母さんに
優しく声を掛ける人がいるなら、何よりの親孝行です。

人の世は輪廻、前世、未来をまたいで回っている、
いつの日か順繰りにあなたの元へ戻って来る。

ああ! 忘れられない歌手がいました、歌は少し古いが、
「冠二郎の酒場」昔の居酒屋を思い出して唄っています。

旭川慕情 横内じゅん

  YouTubeで ご覧下さい。

横内じゅんさんのご冥福をお祈り申し上げます。
  生前の動画を見ると、ただ、残念のひとことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です