人生

あの日に泣いた幼子は  母恋い夜空

 

幼子が、亡き母が恋しいと泣いていた、

鎮守の森の木陰にその子の姉は途方にくれて。

 

生活苦に追われた母は薬石効なく二人の娘を

残して旅立った。

 

竹馬の友が、夫の急死に泣き濡れる夜毎の床を

濡らしていた、

肉親との別れほど辛くて切ないものはない。

 

三橋美智也の♪ おさげと花と地蔵さんと

何度泣き濡れて聴いたことだろう !

 

あの時の友の憔悴と、途方にくれる幼子を思い出す。

悲しみは時間が解決すると言うが、当人にとって

そこから抜け出すことは並大抵ではない。

 

母が欲しい幼子ほど見ていて切ないものはない、

私の姪は、そんな母恋しい幼子だったのである。

 

三つ子の魂百までも・・・

しかし、大きくなった姪に聞いてみた ?

 

「お母さん、母ちゃんの思い出は有るかい ?」

悲しい答えが返って来た。

 

「殆どないけど怖い思い出だけが残っている ?

それを聞いて私は姉ともらい泣きした。

 

なぜなら、幼子の安否を心配しながらも病に臥す

母は、痛みとの戦いに地獄を見ていたのである。

 

出る言葉が、楽しいものが出るはずもない !

母と娘 三つで分かれる運命ほど憎いものはない、

吾子を残して旅立つ母ほど未練の残るものもない。

 

人生とは、何故にもこれでもかと苛め抜く ?

それでも神に縋る人間ほど弱い者もない。

神も仏もないものか !

 

他人の知らないところで

人知れず 夜空を仰いで

母の名を呼んだ 幼子

私は、その情景に 胸が詰まるのである !

 

おさげと花と地蔵さんと

 

小さな田舎の故郷だった、段々畑の山の上、

竹馬の友は歯を食いしばって子供を育て上げた、

やり遂げた。

 

それは、もうひとつの家族の話・・・

彼女の小学生の時のおさげ髪を思い出す、

よく頑張ったね ! 優等賞をあげるよ

 

私は今年、予定されている同級会に彼女を

表彰するつもりでいる。

 

マイクを握って・・・

♪おさげと花と地蔵さんと 眼一杯唄いたい!?

 

おさげと花と地蔵さんと 三橋美智也

 

YouTubeで ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です