洋画

タリス銃乱射事件  15時17分、パリ行き

洋画「15時17分、パリ行き」

巨匠クリント・イーストウッド監督が、「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」に次いで2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に抜擢して事件に至るまでの彼らの半生を本人たちを起用して描いたドラマである。

一段落を迎えた土曜日、気持ちの良い青空が空一杯に広がっている、次までの幕間 (申請準備) 尊敬するクリント・イーストウッド監督作品を見に行く。

 

15時17分、パリ行き

久しぶりの映画館は、私にどんなドラマと感動をプレゼントしてくれるだろうか ?

映画は、特に高校時代から見ている洋画は、アメリカンドリ-ムとヨーロピアン・ドリーム-で細胞の隅々まで新陳代謝を促す !

 

アメリカの寛容さが段々と無くなりつつある現代、ロシアプ-チン大統領の新兵器の開発発表は、北朝鮮に頭を痛めるアメリカ及び北大西洋条約機構(NATO)に難題を突きつけて来た。

 

「タリス銃乱射事件」

2015年8月21日に発生した、高速鉄道タリス車内でイスラーム過激派の男が銃を乱射した事件。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です