思い出

港で泣いた  別れ詩

どんな男でも静まり返った夜は淋しいものです、

虫の音が物悲しく聞こえるようになると孤独に嵌る

ってことなのさ ?

 

あの娘が生きていれば、姉さんたちが元気でいれば

あの港の光景は代わったものになっていたはずだ ?

 

権現さんの頂が月明かりにボォ~と霞んでいたよ !

別府航路のフェリ-が碇を上げた時、

男を見送りに来ていた娘が大粒の涙を出して咽んでいた。

 

夜の岸壁ほど別れの悲しみに包まれる場所はない、

一時の別れであれば良いが、永久の別れなら海に入って

追いかけたくなる、女の性ってそんなものさ・・・ネ !

 

別府航路は幾多の男女の悲しみの寄せ集め、花嫁姿の

新婚さんが花束抱えて笑っていたが、いつまで持つか ?

 

ひばりちゃんが亡くなってどれ程の月日が経ったのか ?

裕ちゃんもそうだったね !

 

後輩の恋の悩みを聞くために埠頭傍の小さな公園でブランコ

に2人して並んで乗った !

 

「Sさん! 俺は頑張るから、一人前になるから !」

あの時、泣いた奴は、とうとう頑張り通した !

大会社の製鉄所長と掛け合い漫才が出来るまでに努力した。

 

小政と自称した男といつもつるんだ大政は私の自慢の後輩、

奴は関西に地歩を固めた。

 

格闘技界で一家を成してジムは息子に譲って団体の要職にある。

「やるか!」

裂帛の気合と右フック! 男の前にチンピラ達は崩れ落ちた。

 

海は、港は、夜の帳は、 そんな男と女たちを思い出させて

波間に漂う ?

 

ドラが鳴り 演歌 おんな歌が聴こえてくる・・・

あの日を思い出させて、哀愁出船が !

私の胸を打つ、

 

哀愁出船 美空ひばり

YouTubeで ご覧下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です