歌謡

陽光 止まるを知らず  三門忠司

「三門忠司の歌、良いですね・・・」
雑談していた相手の女性から演歌歌手の名前が出た。

もちろん私はこの歌手を知っているが左程聞き惚れる
まではいっていなかった、

「これから気をつけて聴くようにいたします !」
年配とはいえ三門忠司の名前を挙げるとは余程演歌に
詳しい女性といえよう。

毎年恒例のNHK紅白歌合戦が食傷気味になったのは ?
作曲家の長老がレコード大賞の裏舞台を告白して実力
プロダクション社長の関与を暴露した事と通じるもの
がありそうである。

昨日今日出てきてヒットを飛ばす即座に年末の紅白へ
出場する、なんぼファンの意向があると言え、それは
ないぜよ !

長年地道に活動して来た演歌畑の歌手が気の毒になる、
だから私は出来るだけ日の当たらない歌手に注目する、
そんな折雑談の奥さんから三門忠司の名前が出るとは。

その心や由、私の天邪鬼が頭をもたげた !
さすが浪曲で鍛えた喉 ! 苦労した人間の歌は人の心の
ヒダに届く。

辛酸を舐めて尚踏ん張って来た女性は美しい、スポット
から離れた者へ注ぐ真心は観音様の趣きを醸している。

ちなみに忠司は私の弟の名前でもある、
午後のひととき私が数カ所構えているくつろぎの場にハン
ドルをを向けた。

三門忠司
CBSソニー(当時)のオーディション合格を機に脱サラして
芸能界に入る、1980年 ♪  流れて大阪 でデビュー。

行き先の駐車場は、陽光止まるを知らず路面を照らしていた。

 

三門忠司/夫婦みち

YouTubeで ご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です