歌謡

魂のバイオリン  悲しい酒

歌は国境を越えて

憎しみを薄めて明日に向う

歌よ! 心のひだに触れる 歌よ!

 

偶然だったが、夕食後 一息ついていた私は

大阪の友との再会を思っていた。

 

何気なくYouTubeを観ていたら、

バイオリンの音色が飛び込んできたのである。

 

何と演歌である !

電子バイオリン奏者ジョアラムの「さざんかの宿」

 

近年、バイオリンに魅せられる私はつい引き込まれた。

こういう演奏もあるんだ!のめりこんで目を皿にした。

 

Electric violinist Jo A Ram(ジョアラム)の渾身の

演奏とその表情はそれぞれの演歌の特長を捉え

見る人の心を鷲づかみにする。

 

遠き青春に涙を流した女性達の切なさが蘇えってきた。

歌はいい!

バイオリンは泣かせる !?

 

演奏家より伝わる情感をジックリ味わって下さい。

 

悲しい酒 (가나시이사케) – Electric violinist Jo A Ram(조아람)

YouTubeで ご覧下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です