歌謡

おててつないで  夕焼け小焼け

カラスが夕焼けを背に、優雅に舞っていた、そろそろ、夕ご飯の時間だよ   !

泥んこになって、みんなで遊びまわっていた。その時、遠くのお寺から、鐘の音が響く、

小さな子が、もっと遊びたいとおねだり  !年上のおねぇちゃんが、その子をのぞき込んでさとした、鬼さんが、出て来てもいいの   ?

その子は、

べそをかきながらおねぇちゃんの後を追った!

真っ赤な夕焼けが、村の家々を照らしている、おねぇちゃんの音頭で  ♪   夕焼け小焼けの合唱

みんな、目を輝かせて、声を張り上げた    !♪   カラスといっしょにかえりましょう・・・

 

童謡・唱歌           夕焼け小焼け

 

見せかけの平和が砂の上に乗っかっている、この世から去ろうとする年代の人が昔を懐かしむ。

日本が敗戦の屈辱に喘いだ時代、子供たちにとってこの時代はのどかな安らぎだった。

殺し殺される戦争の悲惨がようやく終わり、生と死が究極の脅威ではなくなったのである。

しかし、今 日本は大変換期を迎えている、好む好まらずに関らず直接外国の脅威を受けている、

自分の国は誰が守るの、綺麗ごとで平和は守れないのです。

未来の子供達が、いつまでも、おててつないで、夕焼け小焼けが唄えますよう、大人達にお願いしましょう。

カラスと一緒に遊ぶ、日本にしておいてね   !?

 

You Tube で ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です