広告

未練

未練 街の中心から数100m奥まった場末にその店はあった、 人呼んで隠れ宿又の名を奥座敷 お客さんはさまざまな悩みを抱えて暖簾をくぐった  季節は肌寒い晩秋にさしかかり時刻は夕闇迫る宵の口 その娘は俯き加減に玄関前で歩を… もっと読む 未練

, 歌謡

君よ!

君よ ! 辛い人生を与えてしまったね 初めての出会いに歓喜して たくさんの夢を見せてもらった 男の支えに限界があると知らされ 後悔は夜毎の床を濡らした 哀しみは届かぬ夢に打ち萎れた それでも信じたこと君は心の妻 この歌だ… もっと読む 君よ!

広告