歌謡

泣き節 男の酒

男の酒  秋岡秀治 私の技量では唄いにくい演歌だが これほど我が心を揺さぶる歌はない。 男がここまで切なく訴えるものか? 秋岡秀司の泣き節 面目躍如である。 情感込めて吐き出す男の魂の叫び 消息を案じた女が目の前で耳を澄… もっと読む 泣き節 男の酒

歌謡

小さな公園

私は、暇を見つけて近くの公園に行く、 小さな縦長の桜の園は、様々な人生を抱えた人たちが 思い想いに時を過ごしている。 それは、仕事の合間の息抜き、又は家族問題を抱えて 思索の時間にすがる人、人生の縮図がそこにはある。 小… もっと読む 小さな公園

未分類

喜多條忠 南こうせつ   コンビによる  かぐや姫 の歌に   ♪   妹   がある、 同級会を数日後に控えて二次会に妹の店を予約 している。 何にもしてやれなかったたった1人の妹、今朝は… もっと読む

歌謡

茜色 慕情

薄水色の空がもの悲しげに眺めている、 見る人の心構えで明るくも暗くもなる、 今朝は心が淀んで視点は下を向いたまま。 重苦しい思いに囚われている犬猫の行く末、 私は今、悲しい現実と向き合っている。 生あるものへの愛、人によ… もっと読む 茜色 慕情

広告