広告
歌謡

ごめんよ 親父

薄闇が迫る 河川敷の土手沿いは 通る人影もなく 静まり返っている 自然が黙る あの日の親父が寡黙 になる 親戚一党酒飲みばかり 親子二代 酒癖には泣かされて とうとう下戸になった 本当は 飲めた親父 天国の そんな 親父… もっと読む ごめんよ 親父

思い出, 歌謡

夏の日の君

夏の日の君 この青空を見上げると あの日2人で戯れた 大島の砂を思い出す 欠けた貝殻が ピカッと光り こんなエンゲージリングが 欲しいと 君は涙ぐんだ ちょうどその頃 Classの歌がはやっていた 夏の日の1993 軽快… もっと読む 夏の日の君

広告