, 歌謡

すれ違い

負けず嫌いの男なのに その言葉の優しさに つい 胸がつかえた まるで娘か孫娘に 逢ったような感動 「電話を切るよ ? 」 声が出ないのか 返事は帰らない 白い壁を挟んで 淡々と事情説明 終わりなき物語 それは情という名の… もっと読む すれ違い

歌謡

時代おくれ

時代おくれ 健さんの 「時代おくれの酒場」を聴くと 昔出会ったイナセな男達が瞼の裏に浮かぶ ほとんど20代だが40に手の届く男達もいた 店の古びたドアを軋ませて戸が開く 土曜の深夜興行の東映ヤクザ映画を見た日 など皆んな… もっと読む 時代おくれ

思い出, 歌謡

手酌の酒

私は長い期間水商売にいたので  酒飲みの習性は嫌になる程見て 来ました しかし反面、人間同士の固い絆も又 多く見てきました、 仕事上、気配りしながらの接待は 酒を味わうというよりも気遣いの酒 それ故、心許せる友… もっと読む 手酌の酒

人生, 歌謡

バタやん !

バタやん 「バタやん  !」 故郷では男の子の名前に やんを付けて呼びます 私もそう呼ばれてきました 親しい女性の中でもたまに 〇〇ヤンと呼ぶ人もいます 田端義夫さん、バタやんは それだけ身近な人でした バタや… もっと読む バタやん !

歌謡

Kのなみだ歌

村田英雄の歌にはとんと縁がなかった私だが ただひとつ ♪ なみだ坂 だけは、 友を振り返る 涙坂 なみだうたとなった 竹馬の友 K は 私とは縁戚にあった スポーツ万能 女学生の憧れ そうモテ男 学校を出てからは右左に分… もっと読む Kのなみだ歌

歌謡, 邦画

男の華

白一色雪原、白波が砕け散る海岸線 そんな中に男は佇んでいた 何もしてやれなかった女を偲んで 男は嗚咽を漏らした 日本の明日はどこへ行くのだろう そんな時、私は旅立った男を振り返る 高倉健という寡黙な男   本当… もっと読む 男の華

歌謡

Love

私たち世代にとって エルビスプレスリーは 手が届くようで届かない 憧れ 兵役に行くことを聞いた時 その潔さに拍手した かっこいい かっくい You ! あの時代のアメリカは 全てに於いて しびれる存在 プレスリ- は モ… もっと読む Love

, 歌謡

The Rose

ザ・ローズ ベッド・ミドラー  久し振りに懐かしい歌声が聞こえて来た、 西部劇に熱中していた青年に、この女性の物語は異国の話に 過ぎなかった、気に止めるのは、人を愛する事を知ってから。 熱いものがわが心を揺さぶ… もっと読む The Rose

広告