歌謡

映画音楽の魔術師 フランシス・レイ

フランシス・レイは、映画音楽の作曲家として広く知られている。
出身は、フランスのニ-ス、
特にクロ-ド・ルル-シュ監督の映画音楽を多く手がけている。
自身も映画に出演しているが、「愛と悲しみのボレロ」「恋人たちの
メロディ-」「流れ者」等に出演している。

♪ ある愛の詩で アメリカ アカデミ-作曲賞受賞(1970年度)
飛行機が嫌いなため海外へ行く機会が少ない作曲家だった。

恋人たちの情感に訴えるメロディ-は、
観客を映画の世界~ロマンに引きずり込む魔力があった、
どれほどの人々が引き込まれたことか、
さすが海の向こうの音楽、私も魔力に取り付かれた一人である。

主な映画作品

男と女
パリのめぐり逢い
白い恋人たち
あの愛をふたたび
雨の訪問者
ある愛の詩
続エマニエル夫人
愛と哀しみのボレロ
男と女II
レ・ミゼラブル
男と女、

その他多数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です