雑談

森進一 襟裳岬  かあさん

森進一 襟裳岬

森進一には、悲しい別れがあった、

苦労を共にした母との別れである。

当時の森は、女性問題から最愛の母の自殺等で苦境に立たされていたが、
森と同様のスキャンダルに立たされていた吉田拓郎の思いやりと、この
3番の歌詞に感動した森が当時所属していたプロダクションの反対を押し
切って発売してヒットした曲である。

母親の手ひとつで、妹 弟 とともに貧乏の中で育った兄妹弟であった
森だが、

チャ-リ-石黒さんとの出会い、歌のヒットで東京で新居を構え、母を
呼び寄せた森だったが、心ない女性ファンの出現により最愛の母を自殺
と云う悲劇で失うことになる、この歌は実生活の悲しみと相まってファン
の心を揺さぶった。

テレビ画面に映る森進一に、同年代の男として胸打たれた想い出がある。

森昌子との結婚、離婚と続き、自身の肺癌報道もあってその身を心配して
いるが、
男の子3人に恵まれ、長男、三男はロックグル-プのボ-カルをつとめ
次男は民間企業の会社員、

特に長男 森内貴寛(Taka )は、ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル、
バンドの楽曲の多くで作詞・作曲を手がけて日本国内のみならず海外にまで
その熱狂的なファン層を広げて活躍している。

「襟裳岬」
作曲 岡本おさみ
作曲 吉田拓郎

歌  森 進一

テレビ番組 徹子の部屋で
黒柳徹子と対談して子供達の事を聞かれ嬉しそうに話しているのが
印象深い。
健康に留意していつまでも彼独特の世界を歌って欲しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です