雑談

楽しい友との音楽会 作曲家を夢見て

本当は何をしたいかと言えば、それは、音楽に浸ること、特にピアノの練習をしたいです。
身体の不自由な友がメ-ルで語ってくれました。

以前、仕事の合間、商談で利用した 天使の館で よく聴いた シューマンのトロイメライ
が浮かんできた、そして彼に伝えた、フジ子・ヘミングのトロイメライ(シューマン)。

私が通った幼稚園でいつも昼寝のときにかかった曲で、 私の人生で「一番の秘蔵の曲」で
初めて聴いたクラシックでもあります。

純粋で気高き彼の生き様を表したい、怒られるのを承知でご紹介しました。

先日、ふたりで車で小旅行、小高い丘のカフェ、広い店内は彼の心を緩めた、笑顔が弾けた。

荒くれ男の束の間の穏やかな時間、それは人間を素に戻してくれる至福の時間でもあった。

又、時々 逢いましょう、今度は作曲の話をしましょうか ?
私は演歌、彼はクラッシック音楽 ・・・
さて どんなリズムやメロディ-が、浮かんでくるでしょうか ? 伴奏の楽器は ?

ファンタジ- ポエム ドリ-ム 
私はさしずめ 人情話 男の友情 いやいや 哀歌でいくか ?

彼の指先はピアノのキ-に触れていた、 ベートーヴェンのエリ-ゼのために か ?

フジ子・ヘミング~トロイメライ(シューマン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です