歌謡

青春の分かれ道  恋歌

楽器オンチの私はバイオリンとヴィオラの区別がつかない、

しかし、音楽の良さは分かる、これらの曲は深夜ひとりで

聴くと何ともいえない純粋な気持ちになる、こどものように。

サクソフォン チェロ ピアノ と ア-ニーローリを

聴く、あの日が瞼の裏に蘇える、音楽はいい ・・・

 

久しぶりに都会に住む竹馬の友に手紙を書いた、そしてもう

今日になったが田舎では数名の友が亡き友を偲んで偲ぶ会を

開くという。

 

季節は春たけなわ、山々の緑が心を洗う、

ダム湖畔ではバス釣りとボ-トを漕ぐ学生達の声が挙がる !

 

のどかな山間の里に都会の喧騒はない、緑色に凪ぐ湖、

思わず詩情が湧いてくる、親しい人から書籍が届いた

「随筆集」 新鮮な驚きと期待、静かに目を通してみよう。

 

久しぶりにスコットランド民謡 ♪ ア-ニーローリを聴く、

まだ、若き青春時代、田舎の駅のプラットホ-ムで聴いた

曲、初恋の分かれ道に耳にした恋歌。

 

青春とは愛を追っかけた見果てぬ夢、ア-ニーローリが

似合う。

 

アニ-・ロ-リ-

 

YouTubeで ご覧下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です