歌謡

落ち込まないで のぞみ

思いがけない話だった、

しばらく逢っていないF先生へ電話をかけたら

「家が火事になりましてね、離れだけが残りました」

朴訥な彼は誰ともなしに語りかけるように話をしてくれた。

彼にとって、人生で一番辛い場面を迎えていることになる、

「逢いに行くから元気を出していてよ・・・」

私の励ましに、「有難うございます」 とつぶやいた。

厳しい寒さがようやく過ぎたとはいえ、

彼の心の中に吹く風は、とてつもなくキツイ、

(待っていてよ、逢いに行くから!)

その思いが、どうにか実現する。

眼前に瀬戸内海を見る その地は、彼の生地ではない、

心に傷を負った彼には、今 何が支えになるだろうか?

以前、彼と話したことがある、

彼の生まれたところ、空っ風の吹く 故郷、

そこから生まれた女性歌手がいる・・・

岡田 しのぶ

彼女は他の歌手の歌も唄っているが

船村演歌を唄ったらこれまた天下一品

女囚の哀歌を唄った歌

船村 徹  詞 曲
♪ 希望 ( のぞみ )

彼 F先生の灯火になれば幸いである。

もうすぐ、逢いに行くからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です