洋画

悲しみよこんにちは ジーン・セバーグ

我が青春の一ページ、清楚なセシールカットのお嬢さんが
銀幕に登場した。

その名はアメリカ映画女優ジーン・セバーグ、

オットー・プレミンジャー監督の「聖女ジャンヌ・ダーク」
1957年の大オーディションで抜擢され、いきなり主演で
映画デビューした。

ジャン・リュック・ゴダールの初監督作品、
「勝手にしやがれ」 に主演
共演 ジャン・ポール・ベルモント

「悲しみよこんにちは」が大ヒットして世の男性陣にセシル
カットを強烈に印象づけた。

彼女のベリーショートは 「セシルカット」として流行した。

彼女の映画を観て短い髪の毛の女性が好きになった男性は多い。

本名    jean dorothy seberg
出生地 アイオワ州マ-シャルタウン
生年月日  1938年11月13日
死亡年月日 1979年9月8日
国籍    アメリカ合衆国

1979年8月に失踪して、11日後パリ-郊外で駐車して
いた車の中から遺体で発見された。
自殺だったと見られており遺書には「許してください、もう
私の神経は耐えられません」と記されていた。

彼女は3度結婚していたが、全て離婚に終わっている。
満40歳の人生は、余りに短く哀れである。

現在フランスはパリのモンマルトル墓地に埋葬されている。

あの セシ-ルカットのジ-ン・セバ-グは
アメリカの女優に限って言えば・・・

1940年代の女優のシンボルがジュディ-・ガ-ランド
1950年代がマリリン・モンロ-
そして
1960年代は短命のジ-ン・セバ-グと言われている。

主な主演作品

悲しみよこんにちは
勝手にしやがれ
さよならパリ
ペンチャ-ワゴン
大空港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です